新着情報

2019/03/04

鶴岡市民劇場とは?

無題.png

 今なら!!1ヶ月分の会費(2500円)で6月例会「新浄瑠璃百鬼丸」が観劇できます!!(入会金別途必要)

鶴岡市民劇場は、鶴岡で1965年からお芝居を観たい人たちが集まって演劇を観続けている文化団体です。月会費だけで年間4本のバラエティに富んだお芝居が楽しめます。

 190227165317-5c7641edf3e1f_l.jpg

 

 2.png

  ・いつでも、どなたでも簡単に入会できます。入会申込書が事務局にありますので記入して、入会金1,000円と会費2,500円と一緒に提出してください。詳しくは鶴岡市民劇場事務局にお問い合わせください(電話0235-24-6560)

一般  入会金1,000円 月会費2,500円(学生500円) ・高校生は入会金のみ(月会費なし) ・小中学生は会員と同伴であれば無料で観劇できます。

・退会もできますが、なるべく1年以上は観劇してください。

7.png   

                                                                3.png

・入会後はサークルに入って観劇します。入会後、どこかのサークルを紹介してもらい入るか、または3名以上で新しいサークルをつくることができます。サークルは年間例会の中から、それぞれ希望する1例会を選択し、その例会の成功のため例会運営など、全般にわたって担当します。それを運営サークルと言います。メンバーは、10代から90代まで、主婦、会社員、自営業者、公務員、学生と様々です。

無題.png

 

 8.png

 

4.png

 ・会員は年4回の例会(観劇)でさまざまな演劇を鑑賞できます。上演作品は会員のアンケートなどの要望を基に選ばれます。その要望をさらに他の鑑賞会や劇団とのスケジュールなどを加味して検討し、約2年前から鑑賞する演劇を決めていきます。今後、会員数が増えれば、5例会になる可能性もあります。

 9.png

5.png

魅力その1 「観劇」 

 ・日本を代表する劇団の作品、俳優のみなさんに出会えます。今まで関心のなかったジャンルのお芝居に出会えることもあります。また事務所に行くと東京などの演劇情報も豊富にあり、招待券、優待券などで鑑賞することも出来ます

魅力その2 「運営」

 ・事前の準備から当日運営まで、会員自らの手で行います。チケットを買って観るだけではなく関わりが感動を深めます。舞台セットの荷おろし、荷つみや受け付け、会報の作成など、さまざまなことをみんなで役割分担して行っています。忙しい人や、都合がつかなかった人は無理に参加しなくても大丈夫です。

魅力その3 「交流」

 ・会員には幅広い年齢層の人がいます。お芝居を通じてさまざまな交流ができます。ときには役者さんとの交流会もあります。演劇鑑賞後にサークルの仲間と感想を話し合ったり、また月一回やっている「おしゃべり喫茶」などでは、会員同士で珈琲などを飲みながら楽しく色んなお話しをしています。

無題.png

 

【お問い合わせ】    

鶴岡市民劇場(事務所) 受付:火~土 13:30~18:30 鶴岡市本町二丁目13-37   ☎(0235)24-6560  

メール qqhn6vb39@cyber.ocn.ne.jp