発足のきっかけ

  新文化会館問題を契機に、公共ホールの運営のあり方や市政における芸術文化の振興に対する市民の関心が高まってきています。また、新文化会館や中央公民館などの公共ホールに限らず、荘銀本店ホールやまちなかキネマ、鶴岡銀座まちづくりスタジオDadaなど、民間施設においても、芸術文化の発表の場や地域コミュニティの醸成として利用機会なども増えています。

今、各種施設に求められていることは、「公共劇場」としての経営的な理念の確立や税金からの負担を極力抑えながらも、その一方で芸術文化振興と人材育成など戦略的な投資を進める「公共劇場経営」という新たな運営計画と経営スキームの確立も求められています。同時に、公共ホールが過度に「芸術文化の殿堂」という理念の追究に走らず、福祉や教育、地域のコミュニケーション醸成など、「社会包摂型劇場」の実現を目指すとき、ますます市民ボランティアとの協働でなければならないと考え、「シアターコミッション」のような組織の役割が期待されてくると考えています。ホールの運営者と市民サポーターが車の両輪のようにして施設を盛り上げ、地域の芸術文化振興に取り組んでいくことが必要だと思い、設立を計画したものです。